かもじのり

33

1,080円(内税)

内容量 約8g

磯の香りがとても強く、コシのある食感が特徴です。

 出雲市の北端、日本海に突き出す岬周辺の海苔は、古来より「十六島海苔(うっぷるいのり)」の名で知られており、風味や歯ごたえなど岩のりの中でも最高級の海苔として贈り物や、めでたい席やお正月などでは欠かせない地元の海苔として重宝されています。
「かもじ」とは、漢字にすると髢(髪文字)で、「婦人が髪を結うとき添える毛。」という意味。つややかな黒さが女性の黒髪のようだったため、そのように呼ばれるようになりました。
収穫時期が短く、収穫量も少なく希少価値が高い海産物です。

イメージはありません。